気になる仕出し弁当の値段について

仕出し弁当は料理店や弁当屋が注文に対して作るお弁当のことを言います。会社や企業が社員の食事のために注文して作ってもらったり、イベントなどで配る時などに使われます。多くは店が用意しているメニューの中から選択し、個数を決めて注文する仕組みとなっています。ですが店によってはお弁当の中身を好みのものに変えたり、オリジナルで発注することもできます。そして作られたお弁当は依頼すれば指定の場所まで届けてもらうこともできます。会社の社員の昼食時に合わせて、イベントであれば午前中に会場までなど指定時間の配達も可能です。大量のお弁当も注文できるので、あらかじめ日程や必要な数が決まっているときは便利な仕組みです。注文方法も電話やファックス、インターネットやメールなどがあり、店に直接行かなくてもできることがほとんどです。

仕出し弁当の値段の相場はどれくらいか

一般的な仕出し弁当の価格は500円前後となっています。ポピュラーなメニューの幕の内弁当であれば大体が500円前後で販売されていることが多くなっています。これよりも価格が安いものになると、日替わり弁当など店側が中身を決定しているものがあります。これは仕入れによって中身が変わるため、毎日同じおかずではなくその時その時で違いがあります。安いものでは500円以下で購入できるため、毎日の昼食で注文される方に人気のお弁当です。高くても1,000円前後の値段設定が多いのですが、それでも内容は品数も豊富で満足できるものが多くなっています。これはあらかじめ注文を受けてから作成するため、店側が仕入れの量や料理の内容などの計画が立てられるためです。売れ残りやロスを計算に入れなくていいため、質のいいお弁当が低価格で購入できるのです。

様々なお弁当の種類とその活用方法

仕出し弁当の種類はとても豊富です。色々なおかずが入っている幕の内弁当でも和風・洋風で内容は大きく変わってきます。他にもおかずのメインを魚か肉のどちらにするか、または両方入ったものにするかなど食べる側の好みや要望に応じて使い分けることができます。また価格が高めのもので中身の内容や見栄えにこだわったお弁当であれば、接待やおもてなしにも使うことができます。お弁当であれば場所を選びませんし、食べる時間を多少変わっても影響がありません。注文する側の予算によって、食べる人達の好みや年齢によって選択を決めることができるので便利です。また配達が可能な店であれば、より注文者は取りに行く手間や移動時間も心配ありません。注文さえすれば当日に手配できるので、様々なシーンで活躍してくれます。